RZ-Mart Special Presents  

春編〜端午の節句
夏編〜氷の節句/夏越祓
ただいま準備中です。今しばらくお待ちくださいませ。
ただいま準備中です。今しばらくお待ちくださいませ。
ただいま準備中です。今しばらくお待ちくださいませ。

●制作  岡崎製菓あるマート

 

このコーナーは、和菓子好きのためのコラムです。 ・・・春の代表的な和菓子をご紹介します。   >>コラムTOPへ戻る

季節の和菓子:柏餅
●柏 餅(かしわもち)
原材料:砂糖、小豆、米粉、餅粉、植物油脂、V,E、
    酵素(大豆由来)、塩

●端午の節句・・・柏餅(かしわもち)
春の節句といえば、桃の節句、そして、端午の節句があります。今回は五月の節句の代表的なお菓子、柏餅をご紹介致します。
柏餅は、柏の葉っぱの上に、しんこ餅を乗せ、そこに餡(あん)を挟み、柏の葉を二つ折りにして包んだお菓子です。柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴を持つことから、縁起を担ぎ、子孫繁栄(子供(新芽)が産まれるまで親(古葉)は死なない」)を願ったものだと言われています。
柏餅は江戸中期〜後期頃より、端午の節句に用いられたと言われます。
いわば、日本のオリジナル和菓子ともいえるのではないでしょうか。
(端午の節句に柏餅と粽(ちまき)とセットでいただくことが多いですが、節句のお祝いと粽(難を逃れる、といわれています)は中国から渡ってきたものだそうです。)


●五月の思い出

爽やかなグリーンの衣装を纏い、
艶やかで、透ける肌を持つ、
真っ白なお餅「かしわもち」。

くんっと薫る柏葉の香りが漂うと、
部屋を駆ける賑やかな足音と、
「われ先に!」と、いくつもの手が皿に伸びたあの日を思い出します。

せいくらべをして楽しんだ、なつかしい思い出とともに味わえる、そんな和 菓子のひとつです。

C.rou-venus

▲このコーナーは滋賀県情報サイト「滋賀びゅう」から譲渡され、草津市追分町・岡崎製菓あるマートの企画・編集にて掲載しています。
●桜大福(さくらだいふく)
ふっくら、モチモチのお餅の中の桜餡(あん)が桜の季節にぴったり。桜の花の塩漬けがさらに可愛さを醸し出しています。
桜大福
●草餅(くさもち)
春に採れたよもぎは香りも高く、よもぎ好きにはたまらない季節のお楽しみ和菓子です。
噛めば、噛むほどよもぎの味わいと上品な餡のハーモニーが味わえます。
草餅
▼その他の春の代表的な和菓子  
雛あられ、菱餅、桃饅頭、桜饅頭、お花見団子、菖蒲饅頭、柏餅、粽(ちまき)など

春編 /
夏編 /
秋編 /
冬編 /
その他


Copyright 2010- Okazaki-seika & RZ-Mart. All rights reserved.